中学受験、塾に行かずに合格は不可能

中学受験を考える理由は、地元の公立中学の校風が悪い、より高度な教育を受けさせたいなど、人によって様々でしょうが、やはり、「子どもを思ったとおりの学校に合格させたい」という気持ちは、みなさん同じなのではないでしょうか。

受験をしようと決意し、合格を目指すなら、家庭でのテキストを使った勉強や、家庭教師ではなく、塾に行くことが、必須条件になるとほぼ言い切れます。理由は主に2点あります。
1点目は、「ライバルのいる環境」です。中学受験の入試問題には、小学校で習わない範囲の内容がたくさん出題されます。たしかに、テキストや家庭教師による指導の勉強で、新しい内容については学ぶことができます。
しかし、中学受験で求められるのは、「難問を驚くほど速いスピードで解くこと」。これには、周りにライバルがいることが、非常に大切になってくるでしょう。また、塾の講師は「点数を上げること」だけを目的とし、今までの経験を生かした指導をしてくれるので、点数を上げるためには、受験指導の経験がある講師と、切磋琢磨するライバルが必須となます。

2点目は、「情報量の多さ」です。中学受験はとにかく、情報が勝負のカギです。
中学はもともと公立の学校があるのですから、私立を受験する必要はないのです。そこを、「ここに行きたい」と思わせるためにそれぞれの学校も工夫を重ねているわけですから、本当にそれぞれの学校ごとに、いろいろな特色があります。

気になった学校にすべて訪問して、説明会などに参加して…としていたら、完全に時間が足りません。塾の膨大な情報を利用し、自分に合った学校を探すことができます。
また、偏差値や成績のデータも豊富ですので、お子さんの実力がどの程度なのかを把握するといった意味でも、情報は大切になってくるのです。以上のことから、中学受験で成功したいと考えたら、塾通いを考えることを強くお勧めします。